手足の冷えへの対処法とは?

手足の冷えは、どう治す?

夏場でも手足の冷えに苦しむ人が多くなりました。手足が冷えると動かすに痛みが走ったり、冷えのせいで眠れなくなってしまうこともあります。

放置してはいけない手足の冷え!!

読了までの目安時間:約 3分

memo

手足の冷えは非常につらいものです。夏場でも手や足が冷たく感じたり、冬になると冷えや痛みなどで夜も寝られなくなってしまうほどです。

靴下や手袋、カイロなどで温めると一時的にはよくなりますが、きちんと改善しなければ根本的に解消させることはできません。

手足が冷えると痛みを感じることがあります。その痛みで体を動かすことが億劫になったり、眠れなくなったりすると自律神経のバランスも乱れ冷えはどんどん進んで行ってしまいます。冷えの進行を食い止めることが肝心です。

手足の冷えを放置していくことにより冷えがどんどん進行すると、冷えだけでなく体にも大きな影響を及ぼします。冷えが進行することによって体にどのような影響が起きるのか、冷えの怖さについて紹介していきます。

本当は怖い!?手足の冷えの影響

 
血管は体の中心部は太く、末端に近づくほど細くなっていきます。指先などの毛細血管などでは赤血球や白血球など血液の成分より細くなっている部分もあり、血液はその中を形を変えて通過することになります。

そのため少し血行が悪くなると毛細血管などでは血液がいきわたりにくくなってしまい冷えの原因となります。血行が良い肌はきれいなピンク色をしていますが、血行が悪いと青紫色になったり、肌がくすんだりつやがなくなって荒れやすくなります。

手足が冷えることによって体温が下がり、体温が下がることによって免疫力が低下したり、酵素が働かなくなります。免疫力が低下すると普段はかかりにくい感染症などにかかってしまうことがあります。

また、体のいろいろな働きをサポートしている酵素の働きが低下することによって、体の様々な機能が低下します。

手足の冷えを放置しておくと、そのうちに体の内部も冷えが起こり、内臓の冷えへとつながっていきます。内臓が冷えると消化酵素の働きが弱まり胃腸の働きも鈍るため、栄養の吸収も悪くなります。

また、代謝が悪く成ることで脂肪などがうまく分解できなくなり、痩せにくい体になったり、痩せているように見えても内臓脂肪がついてしまうことがあります。また、冷えは不妊症の原因となっていることもあるので特に女性の場合は注意が必要です。

 

知っておきたいこと

この記事に関連する記事一覧

home
TOPへ戻る