手足の冷えへの対処法とは?

手足の冷えは、どう治す?

夏場でも手足の冷えに苦しむ人が多くなりました。手足が冷えると動かすに痛みが走ったり、冷えのせいで眠れなくなってしまうこともあります。

こんなところにあった!!辛い手足の冷えの原因


ashi

さほど冷えを感じることなく、冬でも薄手のタイツにショートパンツのような寒そうな格好でおしゃれをしている若い女性を多く見かけます。

若いころはさほど体が冷えていると感じないことも多いのです。しかし、年を重ねるにつれ冷えはひどくなり、手足が冷えて眠れなくなってしまう人もいます。

冷えは放置すればするほどひどくなっていきます。特に足の冷えは痛みを伴ったり、むくみへとつながっていくこともあります。また、手足が冷えることで全身の血流が悪くなり、冷えだけでなくほかの病気や症状へとつながっていくこともあります。

ほかの部分は冷えが全く気にならないのに、手足だけがやたら冷えを感じるという場合にはそれなりの理由があります。冷え対策を行って冷えを解消させるためには、まず手足が冷える原因をしっかり把握する必要があります。

こんなにある!?手足の冷える理由

人間の体のすべては自律神経がコントロールしています。活動時に活発化する交感神経と、休息時に活発化する副交感神経がバランスを取り合いながらすべての動きを調節しているのです。

血液の流れもこの自律神経によって支配されています。ストレスや生活リズムの乱れ、温度差の違うところの往来、自律神経失調症などで自律神経の働きのバランスが崩れると、体温調節がうまくいかなくなり、血行が悪くなって手足の冷えへとつながっていきます。

冷えと筋肉は全く関係がないように見えますが、実は大きなつながりがあります。運動不足などで筋肉の量が低下すると、血液をポンプのように運ぶ力も弱まり、血行が悪くなります。

デスクワークや立ち仕事など、長時間同じ姿勢を保たなければならない仕事についている場合、足をしていることが多くなります。

足を下にしていると下半身に重点的に体重がかかり、血行が悪くなり、足が冷えることが多くなります。足の冷えは同時にむくみや痛みを伴い、歩くのも辛くなるので注意が必要です。

ダイエットを行う際、過度な食事制限を行う人がいますが、危険なダイエットは冷えにも影響を与えます。栄養が不足することによる血流不足のほか、体で熱を作り出すたんぱく質や鉄分、ミネラルが不足することにより代謝が低下して、体で熱を作り出すことができなくなり冷えを促進させてしまいます。

手足の冷えを解消させる方法とは!?

手足が冷えるとなかなか温まりにくく、また、冷えのせいで眠れなくなってしまうこともあります。眠れなくなると生活リズムがくるってしまい、自律神経のバランスが崩れてまた冷えてしまうという悪循環にもつながってしまいます。

手足が冷えるのは、手足が体の末端部分にあるからです。血行が良いときは体の隅々まで血液が巡回して手足まで体温を保ってくれますが、様々な原因によって血行が悪くなると血液は体の中心部分の体温を保持するため、体の中心部分を中心に巡るようになります。

そのため末端にある手足の血行が悪くなり、冷えへとつながっていくのです。冷えは放置しておくとドンドン悪化し、手足以外にも冷えを感じるようになり、体のいたるところに不調をきたします。

そのような状態にならないためにも手足が冷えている段階で早めに冷え対策を講じておく必要があります。

suimin

手足の冷えを予防改善させるために大切なこと

ストレスは人間の心や体に様々な不調をもたらしますが、冷えの原因にもなります。ストレスによって自律神経のバランスが乱れ、体が常に緊張状態となり、血行を悪くしてしまうのです。

そこで、仕事や人間関係などでストレスを感じているときには好きなことを思い切りやったり、好きな音楽や香りを楽しんだり、楽しくおしゃべりをして発散させましょう。

どうしてもストレスが取れない時やストレスで冷え以外にも症状が出ている場合には心療内科を受診してストレスを軽減させる方法もあります。

自分で温度調節を行うことも大切です。暑い夏場などは冷房が効いた部屋にいると快適ですが、外との温度差で体温調節の機能が乱れてしまうことがあります。

冷房の効いた室内で仕事などを行うときは、羽織るものやひざ掛け、靴下などを用意しておきましょう。自分で冷房の温度が調節できる場合は外気温とあまり差がない温度設定にします。靴下や靴も締め付けのきついものではなく緩めのものにします。

特に運動不足で冷えを感じている人にはお勧めです。筋肉の量が低下すると冷えを感じてしまうため、毎日できるだけ体を動かすようにします。

歩くときにはきちんと姿勢を正し、膝をしっかりと上にあげ、歩幅を大きめにとって、足の裏すべてに重心が行ように足をつけると筋肉をより刺激して血行を促進させることができます。

規則正しい生活を送ることも冷え対策になります。生活リズムを正すことは美容や健康にもつながりますが、自律神経のバランスをしっかりと維持することにもつながります。また、食事も意識してバランスよくすることで全身に栄養が行き届き、血行を促進させます。

入浴するときはシャワーで済ませるのではなくしっかり湯船につかります。38度~40度のややぬるめのお湯に15分程度つかることで全身の血行を促進させることができ、手足の冷えを予防改善できます。

 

TOPへ戻る